0

ネイリストの1日の仕事内容について

Posted by author on 2018年3月14日 in 未分類 |

ネイルサロンで客として訪れる場合には、ネイルの施術を受ける事になります。
そのためネイリストの仕事は、ネイルの施術をする事というイメージしかないかもしれません。
ですがそれ以外にも、ネイリストの仕事はいろいろとあるので、ネイリストの仕事の1日を紹介していきます。

最初に行う事は、オープンするための準備です。
店内の清掃と、薬品の補充、そして備品の洗浄など、衛生管理が重要なので、器具の衛生管理をキチンと行う事が重要です。

そしてネイルサロンがオープンすると、接客がスタートします。
ネイル施術の基本的な内容としては、まず始めにネイルをキレイに塗るための準備として爪のケアを行います。爪やすりを使用して、爪の形を整えた後に、余分な甘皮や角質を取り除きます。

次に爪の状態を良くするために、適量のクリームやローションを塗ってマッサージを行います。
この時に、血液の流れやリンパの流れを良くする事で、爪にもしっかりと栄養が行き届き、美しい健康的な爪に成長するサポートを行います。

新規のお客様の場合は、緊張している事もあるので、ケアやマッサージの段階で、コミュニケーションを取りリラックスさせる事も重要です。
そして、カラーリングを行います。
カラーリングは、ベースコートを塗り、カラーリング、トップコートの順に塗っていきます。

その後は、お客様のデザインの要望によって、手順が異なります。
ネイルアート、ジェルネイル、スカルプチュアネイル、オーダーチップなどのネイルの施術を行い、デザインが完成したら終了です。

またネイル施術以外にも、爪のトラブルやネイルを落とすためにリペアで訪れるお客さんの対応もあります。
ネイリストの仕事のメインは、ネイルの施術ですが、予約が切れた時間など、空いた時間を利用して、見本用に新しいデザインのチップを作成する事もあります。

このチップを見て、デザインを決めるお客さんも少なくないので、チップの作成は重要な仕事です。
他にも、在庫の確認を行い消耗品や新商品の発注業務や電話対応などの仕事も行います。

予約は電話対応だけでなく、ネットから予約するケースもあるので、メールの返信やサイトの更新も随時行います。

店長になれば、売上の管理や新人育成、シフトの作成などの店舗運営も行うため、仕事内容は多岐にわたると言えるでしょう。

ちなみに、ネイルサロンが求める人材は、技術ももちろん重要ですが、技術は後からでも身につくものなので、人間性の方が重視される傾向にあります。
技術職である反面、接客業でもあるので、気持ちがいい接客が出来るかどうかが、採用されるポイントとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright © 2018 ネイリストとしての働き方 All rights reserved.